夏至観音

2015/06/23 Tue 16:24

夏至観音

 昨日は夏至。夏至で思い出したのが、6年ほど前に見た“夏至観音”です。

 小豆島町坂手にある小豆島88か所の1番札所、洞雲山では、夏至をはさんだ約50日間だけ、岩肌に浮かび上がる観音像を見ることが出来ます。太陽の光が洞窟に差し込む時、周りの岩壁でうまい具合に光がトリミングされ、観音像の形になるのだとか。

 時は梅雨時なので、観光客は見られない可能性が高いと思いますが、当時は小豆島に住んでいたので天気の良い日に、一度だけ見に行ったことがあります。ただし、夏至より少し早く行ってしまったので、完全な形ではなかったかもしれません。上の写真はその時のものです。

 しかし、この観音様の形に見えるのはほんの一瞬で、あれよあれよという間に終わってしまいったのを覚えています。集まっているのはきっと信心深い人たちで、私なんか冷やかしみたいな存在は居るだけで申し訳ないかなと思ってカメラを構えていましたが、手を合わせたりお祈りする人はまず見当たらず、みんな「どこ?」「いつ?」「あれなの?」「もう終わったの!」などと大騒ぎで、思わず笑ってしまったのが懐かしい。

 何十年か前に、あるお遍路さんが撮った写真の中から偶然見つけたもので、住職や寺の関係者は全く知らない現象だったとか。

 誰か、四日市教会の敷地内のどこかに、こういう現象の起きる場所を見つけてくれないものでしょうかね。そしたら、きっと楽しいのに。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(2)
コメント
No title
十字型の影なり光が見つかったらうれしいですのにね。
きっとどこかにありますよ。
yama さんへ
なるほど、探すとなんかありそうですね。
子供たちと探してみようかな^^

管理者のみに表示