名張教会に行ってきました
2015 / 07 / 12 ( Sun )
名張教会

 昨日も書きましたが、今日は三重地区の講壇交換日で、私は名張市にある名張教会に礼拝説教をするために行ってきました。

 名張市は四日市からは結構遠いものの、国道25号線(名阪国道)を通るので意外とすんなり行けます。日曜日の朝なので交通量も少なく、のんびり車を走らせても1時間30分もかかりませんでした。

 しかし、早めに家を出たのが裏目に出て、あまりにも到着が早すぎると向こうも迷惑だろうと、少しの時間名張市内をうろうろしてみました。

沈下橋

 こんな沈下橋の風景があったり、しばしほのぼのと時間をつぶせました。さすが、名張忍者の里。そうです。実は三重県の伊賀上野の伊賀市忍者、滋賀県の甲賀忍者はどちらも、もともとはこの名張忍者がルーツなのですね。

 名張市内には名張忍者の修行の場だった赤目四十八滝などもあります。そこの名物は確か“屁こき饅頭”だったと思います。サツマイモが主原料とはいえ、ちょっともう少しネーミングを考え直すべきだと思います^^;若い女性客が敬遠しますよね、きっと。

 それはさておき、礼拝は日曜日の朝10時30分から約1時間。子供のためのお話まで盛り込まれています。もし、興味のある方はTel & Fax:0595-64-1982へお問い合わせください。

 牧師さんは小松博士先生と言います。手紙の宛名を丁寧すぎて、「○○先生様」と書く人がいますが、小松先生だと相当なことになる可能性があります。

 「小松博士牧師先生様」。

 もちろん“博士”は“ひろし”と読みますが、“はかせ”みたいでカッコイイですね。

 その小松先生は、今日は桑名市の桑名教会に行っておられました。

 実は、今日は午後3時から鳥羽市の鳥羽教会で牧師就任式があるので、各地に散った牧師連中は更に鳥羽まで移動し、そして自分の教会にかえるという大強行軍でした。私でさえ300㎞近く走ったと思います。
 
 疲れたので今日はもう寝ます。お休みなさい。
 

  
スポンサーサイト
20 : 54 : 24 | 行事 | コメント(0) | page top
<<9条、98条、99条 | ホーム | 明日は講壇交換>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |