インパクトのある看板
2015 / 08 / 08 ( Sat )
犬の

 わが子の通う小学校の敷地内にあった看板です。

 随分、インパクトがあって、二度見してしまいました。

 しかし、犬を“放す”ことはあっても、さすがに“放し飼い”は出来ないだろうと思います。

 気付かなかったけどいったいいつからあるのだろう。

スポンサーサイト
16 : 48 : 19 | 地域情報 | コメント(2) | page top
<<四日市良いところ | ホーム | 四日市祭りで疲れました>>
コメント
--No title--

よく気づかれましたね。
確かに「放す」ことはしても「飼う」わけではありません。

「脱糞を禁じる」は正確には「脱糞させることを禁じる」でしょうか。
「脱糞」と「排便」とは意味が違うように感じます。
脱糞だと漏らしているようですが、犬猫の場合は脱糞と言うのでしょうか。
犬にしてみれば排便でしょうから、自然の生理現象を「禁じる」のはどうか
という気もします。

「禁ずる」という言い方は、下手な法律文か戦前の公用文みたいですが、
いまは婉曲的でもっと感じのいい言い方がいくらでもありそうです。
学校の頭の悪さ古さ無神経さを物語る看板で、通う生徒が心配です。
あ、お子さんもそうでしたか。困りましたね。(~_~)
by: ☆バーソ☆ * 2015/08/08 20:29 * URL [ 編集 ] | page top
--☆バーソ☆ さんへ--

そうなんですよ。読めば読むほど日本語としてはどうかなと思わされる文章です。
ただし、インパクトはありますけどね。
by: ショウゴ * 2015/08/09 19:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |