台風一過

2015/09/09 Wed 19:11

ほわんほわん

 昨日から台風18号がこちらに向かっていましたが、それは“ゴジラ”よろしく、まるで四日市を目指しているかのような進路でした。

 予想天気図を何度見返しても、お昼頃にちょうど来襲する様子。

 一晩あけて午前7時になっても、案の定、暴風警報、強風警報は解除されず、小学校はお休みとなり子供たちは大喜び。

 それはそうでしょう。こちらに向かって来ているのですから・・。

 しかし、今日は水曜日。教会では午前10時から聖書の学びがあります。

 いつもなら10数名の方々がお見えになるのですが、今日は大事をとって休まれる方が多いかもしれません。高齢者や移動が自動車でない方などは特にそうでしょう。

 はたして、少人数の聖書の学びの時となりました。・・が、昼前から空が明るくなってきました。雨も風も穏やかです。

 いつの間にか、台風は名古屋方面へ逸れ、四日市への上陸はありませんでした。

 しかし、三重県南部や愛知県、静岡県などで多くの被害が出た模様・・。

 台風の進路とか、自然のほんのちょっとの違いで、人間には大きな影響になってしまいます。

 台風一過の空はどこまでも澄んでいて、まぶしく輝いています。

 “なっ、人間ってちっぽけだろ”そんな台風親父の声が聞こえる気がします。

 
スポンサーサイト
出来事 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 教会のお墓 | HOME | 栗と人 »