教会のパソコン

2015/10/04 Sun 07:03

教会のパソコン

 これは四日市教会の事務室にある教会のパソコンで、私や長老(役員)さんが使っています。不特定多数が使っているとは言っても、パスワードがあるので誰でも使える訳ではありませんし、ワイヤーにつながっているので持ち出すこともできません。

 このパソコンは2007年春モデルの富士通FMVdeskpower EK30Wですが、とにかく動きが遅いのです。いろいろと手を尽くしてきましたが、どんどん遅くなる一方で、みんな頭を悩ましていました。一番困っているのは、もちろん一番使っている私です・・。

 vistaは遅いとは知っていましたが、只者ではない遅さです。しょっちゅうフリーズしますからね。

 OSの再インストールも考えましたが、おそらく速度は変わらないだろうというので、手間も相当かかることもあってそれはやめました。しかし、さすがにもう我慢できなくなったので、メモリ増設に踏み切ることにしました。もちろん、すでに増設はされていたのですが、それでも1.5GBしかないのです。

メモリ

 思い立ったが吉日。早速、適応メモリを調べて注文しました。バルク品じゃないし、バッファロー製なので中古をチョイス。もし認識しなかったらどうしようと思いつつレッツトライ。

配線を抜いて

 まずは全部配線を抜いて・・。

横にします

 画面方向に横倒しにします。

上部のカバーを外して

 上部の黒いカバー外して・・。

ネジを外します

 2本のネジを外します。

裏蓋は少しきつい

 少々きつめの裏蓋を丁寧に外すと

中身はノートパソコンですね

 中身が全部見えます。やっぱり中身はノートパソコンですね。それを画面にくっつけて一体化したマシン。

メモリはここへ

 古いメモリを抜いて、このスロットに2枚射し込みます。手袋が無いので、金属にこまめに触れて静電気を放電しながらの作業です。ちろん、金色の接点にはケツして触ってはなりません。

2GB.jpg

 なんとかトラブルもなく2枚のメモリを装着できました。裏蓋を閉めて配線を済ませたらひとまず作業は終了。

ほらね

 あとはスペックを確認したら完了です。ほらね、ちゃんとメモリ2.00GBと認識しています。

 心なしか少し早くなった気がします。気のせいでないと良いのですが・・。



スポンサーサイト
出来事 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
«  | HOME | 急に花壇の花 »