体のともし火は

author photo

Byショウゴ

三滝橋

  体のともし火は目である。目が澄んでいれば、全身が明るいが、濁っていれば、全身が暗い。

                            マタイによる福音書6章22-23節

スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply