体の一部

2017/03/31 Fri 16:39

cb1100ex.jpg

 私の楽しみと言えばこれしかありません。そう、バイクです。

 長い事、車検の無い(けれども高速は乗れる)250ccに乗っていましたが、調子悪くなってきたのを契機に一昨年買い換えました。

 おそらく、これが最後のバイクになるだろうと、思い切って大型にすることにしましたが、これがもう、考えていなかった別のステージに私を誘ってくれるではないですか。

 排気量が大きい分、ストレス無く余裕で走れるので、まったく新鮮な印象を与えてくれますし、初めてバイクに乗った頃の感動にも似た爽快な気分を感じるではないですか。

 もっと早く、大型に乗れば良かったと後悔しきりです。

 もちろん、飛ばしたりはしていませんのでご安心を^^

 初めはかなりリーズナブルなモデルにしようとしていましたが、妻の一声でこのバイクに決定。

 もちろん妻はバイクに詳しくありませんが、牧師が乗るには大人しそうなデザインのこれが良いと直観したそうです。

 後ろに乗りやすそうというのも、もう一つの理由のようですが^ ^

 実はこれ、出来れば乗りたいなと考えていたモデルだったので、不思議な気がします。

 牧師の集まりや、教会の会議に出かけるくらいしか乗る機会はありませんが、それでもい良いんです。乗れれば。

 真面目に教会に通い出したのも、バイクに乗り出したのも19歳からで、それからずーっとの付き合いですから、聖書とパイクはもはや私の体の一部なのでした。
 
 聖書を取り上げられても、バイクを取り上げられても、私は私でなくなってしまうような気がします。
 
 
スポンサーサイト
プライベート | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示