救い
2017 / 04 / 06 ( Thu )
ドロップ

 長い事、闘病されていた教会員さんが天に召されました。

 病と戦って戦って戦い抜かれておられただけに、

 ご家族の暖かい支えも知っていただけに

 とても残念です。

 あとは主の御手にお委ねし、

 残された遺族の方々が慰められるよう

 祈り続けていきたいと思います。


      詩編42編12節

        なぜうなだれるのか、わたしの魂よ

        なぜ呻くのか。神を待ち望め。わたしはなお、告白しよう

        「御顔こそ、わたしの救い」と。わたしの神よ。

                         
スポンサーサイト
20 : 49 : 37 | 思ったこと | コメント(0) | page top
<<追悼式 | ホーム | 冷静な判断は麻痺する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |