FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

相対的時間感覚

2007/05/02 Wed 20:52

 昨日のブログの書き出しに「久しぶりに書いています」と書いてしまいましたが、よくよ考えてみると一日ぶりに過ぎないのでした。気持ち的には数日間書いてないように感じたのが不思議です。会議や懐かしい友人たちとの語らいなど色々ありましたから、実際の時間より長く感じていたのかもしれません。今までだってそうでした。アインシュタインの相対性理論では時間も相対的のようですが、それは光の速度を超えて云々の世界の話。でも、人の心の体感時間も相対的です。上智大学のデーケン教授もずぶ濡れになった時の事を引用して時間の相対性を仰っていました。「私にとって傘を忘れて土砂降りの雨の中バスを待ったあの30分が今までの人生で一番長く感じた時間でした。」嫌なことは特に長く感じるのだなと妙に納得したのを思い出します。・・・あっ、でも、会議は勿論しんどかったですが、友人たちとの時間は嫌なことでも苦痛でもありませんから、もし、読んでいたら誤解しないで下さいね。ただ、二晩とも夜遅くまで話し込んでいたので、実際に起きていた時間が長かったのが一因かもしれません。そういえば二泊目の夜は明け方4時過ぎまで起きていました。と言うことは、実際に長時間起きていて、その上更に時間が遅く感じる会議をこなしているわけですから、実際よりはるかに長時間に感じてしまうような状況が重なっていたのですね・・・。出掛けたときはいつもより早く寝た方がよろしいようで・・・。
スポンサーサイト
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。