FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 先日の徳島であった青年大会もそうですが、殆どと言っていいほど交通手段はスクーターです。「元気ですねー」「凄いですねー」とよく言われますが、実際のところ一番楽なのです。本当は皆さんのように乗用車が楽チンに違いありませんが、島暮らしなのでフェリーの車代を考えると車は余程のことがない限り島外では使えません。そのところを皆さんは多分分かっておられないのでしょう。また、公共交通機関を使うとなると、港まで徒歩か、一時間に数本しかないバスを待ったり、港で時間を潰さなければなりません。出先でも同様です。ところがスクーターだと荷物を持って移動する必要が全くありませんし、帰りのフェリーも教会に一番近い草壁港の一日5便(人だけだと乗せてもらえない便もあるので4便)に合わせなくてもOKです。池田港や土庄港に着いてもスクーターなら20分もかかりません。私の島暮らしにスクーターは必需品なのです。おまけにもう30年近く二輪に乗っているので、少々の距離は屁でもありません。一日の移動距離400km位は大丈夫です。まだまだ若い者に負けません。
 青年大会は吉野川市の鴨島の教会が会場で、高松から11号線を通り、途中右折して318号線に入るコースが最短ですが、折角なので11号線をそのまま走り、徳島市まで足を伸ばして徳島ラーメンを食してきました。愛媛のM教会のO牧師と私は「ラーメン研究会を結成しようか」と真剣に話し合う程ラーメンを愛しているので、ここはは食べない訳にはいかないのでした。
20070505143419.jpg

 肉玉子入り(大)710円也。最初に食券をレジで買います。コップを逆さに6本立てられる昔懐かしい針金製のコップたてからコップを取り、自分でテーブルの上に置いてあるピッチャーから水を汲んで飲むスタイル。ラーメンは黒いスープに生卵。大体予想通りの味。とにかく食べたことがなかったので嬉しかったです。
20070505143605.jpg

 お店は支那そば広東という老舗。後から聞くとかなりの有名店らしいのですが、お客は近所のお年寄りがちらほら食べに来ているといった感じでした。お昼前だったからかも知れませんが、町のラーメン屋といった素朴な感じを味わえたのはラッキーでした。ちなみに徳島では“ラーメン”とは言わず“支那そば”とか“中華そば”と言うようです。
 ゴールデンウィーク中もこうして遠回りが出来るのもスクーターならではです。どんな渋滞もひたすらすり抜けて行けるのが最大のメリットです。
20070505145712.jpg

 帰りは318号線と11号線でまっすぐ帰りました(途中、こいのぼりを川に渡してあるのを見て感激)。山道は車も信号も少なくあっという間に通過し、11号線の渋滞を横目に快走し、あっけなく高松港に到着です。池田港行きのフェリーが丁度出るところだったので乗船。JRだったら帰宅は間違いなく夜になっていたと思います。やはりスクーターは楽で便利なのです。

スポンサーサイト
楽しみ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。