FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

メダカと睡蓮鉢

2007/05/24 Thu 16:25

 “メダカ”を飼っていたことがあります。観賞用の“ヒメダカ”ではなく、高知で捕獲した天然ものです。水槽に水草も植えたり、繁殖もさせていましたからかなり気合いを入れて飼っていた気がします。タマゴは放っておくとメダカに食われてしまうので別容器に移し替えていました。ある時、私の手のひらでタマゴから孵ったことがあり、それはもう大感激しました。しかし、2~3年飼っていたものの、引越しの時に人に譲ってしまいそれきりになったままです。
 どうしてそんなことを言い出したかと言いますと、今朝のチラシに睡蓮鉢が載っていて、何となく思い出してしまったからです。以前は室内の水槽で飼っていましたが、玄関先に置いた睡蓮鉢で飼うのも良いな、特に内海教会のように古びた木造建築にはとても似合うような気がしたのです。ただ、睡蓮鉢はそれほど安くないので、実現するには少々時間がかかりそうです。3,000円~4,000円しますし、水草はもちろん、睡蓮鉢ですから睡蓮も浮かべたいところです。予算的に即決できそうもありません。
 ところで、玄関先に汲み置いた水があると、「ボウフラが湧くのではないか」と心配される方もおられるかもしれませんが、その心配は全くありません。ボウフラはメダカが全部食べてしまうからです。ちなみに、今となっては昔の風物詩ですが、全国の田園の広範囲にわたってメダカが生息していたのは、日本脳炎対策のため人為的にメダカが放流されたからだそうです。メダカの口は水面に浮かんでいるものを食べる形に出来ていることから分かるように、ボウフラ対策の最適任者だったのです。ですから、玄関先でメダカを飼っても問題ないのです。
 島内で睡蓮鉢を譲ってくださる方がおられると嬉しいのですが、すぐには無理でしょう。
20070524191727.jpg

スポンサーサイト
楽しみ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。