FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紫式部の実

2015/09/03 Thu 19:26

紫式部-実2

 教会の庭にある“紫式部”に薄紫の実が付きました。

 直径2~3mm位の小さな愛らしい粒。

紫式部-花

 7月に、これまた小さく可憐な花を付けていたのを思い出します。

 この花の写真はケータイで、しかも光学ズームを使って撮ったものなので、画質が相当荒くてすみません・・。

 来年はちゃんと撮りたいと思います。

紫式部―実

 疲れや心配事があって、気分がややうつむき加減だったので、この愛くるしい実を見つけた時、何とも言えない晴れやかな気持ちになりました。

 植物って可愛いものだなと再確認してしまいました。

 昨日し過ぎた雑草抜きで、体は筋肉痛で苦しんでおりますが^^;

 
出来事 | コメント(0)

高速道路の精算機

2015/07/28 Tue 17:59

高速道路

 どこかへ出かけるときは、大体いつもバイクか車で、しかも自分で運転というのがダントツに普通です。

 家族と出かけるときも、(妻も運転は上手なんですが)私が基本的に車を運転します。私は運転していないとイライラするくらい根っからの運転好きなので、運転は苦にならないどころか、出来るだけハンドルを握っていたい口なのです。

 ところが、教会員さんと出かけるとき、しかも、教会員さんの車に乗せていただくときは、さすがに運転できません。じゃあ、イライラしているのかというと、普段は見ることのできない左右の景色を楽しんで、時には写真を撮ったりと、普段はできないことを楽しむようにしています。

 高速道路走行中の写真なんて、いつもハンドル握っている私には滅多に撮れる代物ではないので、かなり貴重な経験かもしれません。

 先日はもっと貴重な写真が撮れました。これです。

清算機

 高速道路の料金精算機ですね。私はいつもETCレーンを通りますが、この方はETCを付けていない車に乗っておられるので、ETCレーン以外を通るのは貴重な出来事で、しかも、有料道路ではなく高速道路で、こんな精算機がある所なんて生まれて初めて見ました。場所は紀勢自動車道の大宮大台ICです。

 普段しないこと、普段通らない所にはまだまだ面白い発見があるのだなと感心しました。

出来事 | コメント(0)

セミの羽化って厳しい

2015/07/24 Fri 19:21

羽化

 夏と言えば“セミ”ですね。梅雨明けしたら途端にセミが大合唱しています。

 上の写真は(実は下の写真も^^;)、以前ブログで紹介したことがあるものですが、四日市教会の庭では毎日セミが羽化しています。

 セミが這い出て来たと思われる地面の穴が日に日に多くなるので、結構な数だと分かるというだけではなく、実際にセミが羽化している様をよく目撃します。

 最初は、相当感動して子供たちと観察したものですが、観すぎたせいで、今ではちょっと飽きてきたというか普通になってしまいました。

 しかし、そんなに覚めてしまったのは、回数が多いからというよりも、悲惨な羽化まで目撃してしまうことも多いからです。

重なりすぎ

 実はセミってちょっとしたことで羽化できずに死んでしまうのです。

 羽化の途中で蟻にたかられても駄目ですし、誤って落下してしまうと完全にアウトです。

 変に低いところで羽化を初めてしまって、結局羽を伸ばしきれないまま死んでいるのも目にします。

 2枚目の写真、抜け殻が重なって愛嬌があるように見えますが、この中の何匹かは羽化する前、つまり背中を開ける前に後から来たセミに重なられたせいで、羽化できないまま死んでいます。

 7年も8年も地中に居て、やっと日の光を浴びようかという時に、最も大きな試練が待ち受けている訳で、自然界の厳しさをまざまざと見せつけられている気がしますね。

 毎日無事に羽化してくれと祈るばかりです。
出来事 | コメント(5)

9条、98条、99条

2015/07/16 Thu 17:43

散歩道

 最近、どうも気分が良くありません。いわゆる安保法案のせいです。

 自民党自らが招いた憲法学者が全員「違憲」だと言い、日本の憲法学者の90数パーセントも「違憲」であると答え、国民の過半数が反対だというのにどんどん先に進んでいく様は異様です。

 「戦前に向かっている」とか「戦争する国になる」という意見も聞きますし、戦争ということについてはもちろん気になりますが、一番気になるのは“法治国家であることを否定している”ということです。

 国際情勢だとか、日米同盟だとか、そういうことが問題であるのなら、正々堂々と衆院解散して民意を問い、議論を尽くして憲法を改正していくべきです。

 改憲せずに憲法第9条違反としか思えない法案を成立させようというのは、憲法を頂点とする法治国家日本が、「もはや法治国家ではない」と宣言しているようなものです。

 憲法よりも内閣の考えが上回るという構図は奇妙奇天烈としか言いようがありません。与党の元大物議員たちも大勢不快感を持っていると聞きます。

 憲法第99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」とありますから、第9条だけでなく第99条違反を遂行していると言えますから、これは由々しき事態です。

 本日、安保法案は衆議院を通過しました。国会開催日数が1日多くて戦後最長と言われましたが、議論が深まったとは到底思えません。初めに結論ありきで、数にものを言わせる強行採決は、小数者の意見を大切にする民主主義の姿勢から逸脱したものです。

 この数日、成立に着々と向かう安保法案を考えると、気分が重くてブログを更新することが出来ませんでした。私には手も足も出ないことだからです。私より頭の良い人や私より行動力のある人が沢山行動しています。私なんか彼らの足元にも及びません。

 私みたいな一庶民には、冷静にこの出来事を理解していくことしか残されていないような気がします。・・でも、それで良いのか・・、・・でも、それしか出来ない・・。そんな気分で悶々と過ごしています。

 この分では、参議院を通過するのも時間の問題でしょう・・。

 最後の希望は憲法第98条ですね。
「1.この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2.日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。」

 もし、安保法案が与党の数の論理で完全に成立したとしても、その法律自体が憲法違反のものである限り、憲法第98条が黙っていないということです。ここまで来たら、三権分立の大原則が守られることを祈り願うしかありません。

 もし、万一、司法が正しく判断しないとなると、日本は完全に法治国家ではなくなってしまいますね・・。

出来事 | コメント(12)

薄紫の夕暮れ

2015/07/01 Wed 20:28

薄紫の日暮れ

 今日は日中激しい雨が降りましたが、水曜日の聖書を読み祈る会には11名の参加がありました。

 以前は15~20名近くだったので、最近出席数が減ってきているとも言えますが高齢化の波ですね。

 病気の方が本当に増えてきました。

 むしろ、それでも二けたということがすごいことではないかと思います。

 しかも、今日なんか土砂降りの中でしたからね。

 四日市教会では毎週水曜日に聖書を読み祈る会を午前10時からと、夜7時から行っていますが、夜の部はいつも同じ一人の方とのマンツーマンとなっています。もちろん、多くなることは時々あります。

 今日は、その方が土砂降りのため、昼間畑に行けないということで、午前の部に来られました。

 おそらくは夜の部は開店休業になるはずですが、誰も来られないとも限りません。

 祈祷室で一人待ちます。

 あ、祈祷室と言ってもいわゆるカトリック教会の懺悔室みたいな小さなものではなく、6畳ほどの普通の部屋です。

 パソコンやレーザープリンターを置いてたりするので、事務室と言っても良いと思うのですが、皆さん祈祷室というのでそういうことにしておいてください^^

 20分ほどして、。さすがに今日は来られないなと、ふと外に出てみると、薄紫の夕暮れの景色が広がっているではありませんか。

 「先日は茜色だったのに・・」とかなんとかつぶやきましたが、なんだか良いものを見られたなと嬉しくなりました。

 たまにはこういう日暮れに立ち会うのもおつなものです。

 下は以前の茜色の夕景。

茜色の夕べ

 
出来事 | コメント(2)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。